ちょっと休憩の時間にて...

「頑張らないことを頑張る。」 ホッ......とひと休みです。帽子作りしてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

50歳を目の前に、、夫婦の形

h-s

写真上は、先日3人で行ったお芋掘りの時のもの・・・。

あと4か月もすれば、主人は50歳。また6歳差になります。
時が経つのは早いものです。

主人も私も物忘れや老眼、
そして昔自分たちを可愛がってくれた人たちの死を通して
『老い』というものを感じるようになりました。

しゅんちゃんが、まだ6歳でこれから小学校入学なので
「おじいちゃん」「おばあちゃん」と周りから言われる(思われる)ことがないようにしたいなと、よく話しています。



最近、よく思うんです。

主人が私に優しい。 (笑)


主人は老いや仕事で疲れやすくなったと言います。
私は理解されにくいのですが、病状の1つで疲れやすいです。
だから、お互いのことに気づきながらも、やる気になれず、動かず、手を差し伸べないことがあります。
おそらく、お互いに『気がきかない』『思いやりがない』『愛がない』と感じていることでしょう。(笑)


でも、主人の中で何かが確実に変わったのが分かるんです。

それは、異性としての優しさでもなく、家族としての優しさでもなく、、、
じゃ、なんだろう?と考えました。


たぶん・・・・・・・・・・・上手く言えないけど、

2人の、、人と人とが
一緒に年をとっていくことに対しての優しさなんだろうな。

・・そんなふうに思いました。


ここぞという時だけですが(笑)
私の気持ちの根の部分まで理解しようとしてくれているのが解ります。
それが、とても心強く感じます。

大切にしなくちゃね。
主人には言わないけどさ。


スポンサーサイト

ジャンル : 結婚・家庭生活
テーマ : 旦那さんのこと。

タグ : 夫婦 主人 家庭 子育て

[ 2013/11/25 10:50 ] 世間話 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。